会社案内イメージ
会社案内

役員および顧問

役員

代表取締役社長 宮崎淳平

早稲田大学政治経済学部卒業。
株式会社ライブドア ファイナンス事業部及びライブドア証券株式会社投資銀行本部にて勤務。
ライブドア・グループにおいては、M&Aアドバイザリー業務に従事し、多くの種類の先進的M&Aを経験。
また、同時に様々なプライベートエクイティ投資案件、転換価額修正条項付転換社債型新株予約権付社債等における資金調達案件、及びファンド組成及び運営を経験。
その後、2006年より株式会社セプテーニ・ホールディングス(インターネット広告代理店、JASDAQ上場企業)へ、投資/M&A部門責任者として入社。同社では、グループにかかる投資戦略策定、M&A実施、ファンド投資プロジェクト、海外投資/M&A等を主導。
2010年より投資銀行出身者で立ち上げたブティック系投資銀行である株式会社社楽に事業開発担当責任者(IT業界担当)として入社。M&Aアドバイザリーや企業再生を手がけ、オリジネーションに強みを発揮。
インターネット・コンテンツ・メディア・エンターテイメント・ゲーム・ITといったTMT領域を中心として、環境・ヘルスケア領域、アパレル領域等の案件も遂行。
また、韓国・中国・シンガポールを中心としたアジア案件にも精通し、多くのネットワークを保有。

経営オーナー様への重要メッセージ」はこちら。

代表取締役社長
宮崎淳平

経験案件の一部紹介

会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(株式譲渡及びLBOスキームによる)
インターネット・メディア事業
事業売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(会社分割による、日米間クロスボーダー)
インターネットコンテンツ事業
会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(株式譲渡による)
インターネット人材紹介メディア事業
事業売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(会社分割による、日本・ベトナム間クロスボーダー)
インターネットコンテンツ事業
会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(株式譲渡による)
インターネット課金コンテンツ事業
事業売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(事業譲渡による)
インターネットCGMメディア事業
会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(事業の全部譲渡による)
インターネット通販事業
会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(株式譲渡による)
ソーシャルゲーム事業
会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(株式譲渡及び第三者割当増資による)
LoTを利用したハードウェア事業
会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(株式譲渡及び第三者割当増資による)
システム開発及びウェブ制作事業
会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(吸収合併、TOB、DES折衷による)
金融関連会社同士の合併及び付随する資本スキーム
会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(入札、株式譲渡による)
上場インターネット関係企業の子会社売却
会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(相対、株式譲渡による)
上場インターネット関係企業の子会社売却
会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(相対取引による少数持分売却)
インターネット関連企業
会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(企業再生、DES、債権譲渡、リファイナンス、種類株式等の複合案件)
IT/システム開発関連会社
会社売却型M&A(バイアウト)アドバイザリー
(再生案件にかかるグッド事業の売却、入札形式、株式譲渡による)
証券会社
公開引受業務
(Ⅰの部、Ⅱの部作成、主幹事証券会社としての一連の業務)
ヘルスケア関係企業
MSCBによるプライベート・エクイティ投資 環境関連ビジネス会社
MSCBによる資金調達及び資本業務提携 バイオ関連企業
M&Aにおけるバイサイドアドバイザリー
(増資及び株式譲受による)
中古車販売会社
M&Aにおけるバイサイドアドバイザリー
(増資等による)
国内大手事務用品メーカー
M&Aにおけるバイサイドアドバイザリー
(株式譲受による)
日本企業が韓国及び中国のオンラインゲーム関連企業を買収
M&Aにおけるバイサイドアドバイザリー
(株式譲渡による)
SEO関連事業者
M&Aにおけるバイサイドアドバイザリー
(株式譲渡による)
システム開発会社
M&Aにおけるバイサイドアドバイザリー及び企業再生アドバイザリー
(CB引受による)
TVショッピング会社
増資引受及びDESによるプライベート・エクイティ投資 ペット保険関連会社
転換優先株によるプライベート・エクイティ投資 韓国インターネット関連企業
財務コンサルティング
(格付け戦略等を含めた全面的財務戦略コンサルティング)
大手百貨店
バイオ/ヘルスケア領域を専門としたプライベート・エクイティ・ファンド
(ファンド規模50億円)の運用責任者として複数件の投資
イグジットを主導

その他多数の案件を主導。

コラム http://www.venturenow.jp/column/miyazaki/